top of page
  • 執筆者の写真福富 エミ

AIがこの先社会をどう変えてしまうのか考える!のこころだぁ~(トンボブログ)



こんにちは!トンボです。


ネットやTVでAIの事を目にしない日はありません。

そもそもAIは約80年前に

世界初の電子計算機がアメリカで

開発されたのが始まりです。

誕生した頃の電子計算機はとても大きく

弾道計算などのような

一つの計算のみに使える機械で

汎用性も無く

沢山の真空管を使っており

物凄く熱くて故障も多かったようです。


それでもコンピューターの誕生には

数々の天才数学者やエンジニアの努力によって

造られました。

またコンピューターにはプログラムが必要です。

プログラムは人が作ってやり

その手順を順番にコンピューターに

行わせる方法で

スーパーコンピューターも

このように動くシステムです。

それが量子コンピューターの開発で

今後世の中は変わります。


プログラムもコンピューター自身が

作り出し最終的には人間を越える知性を

手に入れる未来が現実となってきました。


この様な世界では人はどうして

生きていけばいいのか考えてしまいます。


人口減少が叫ばれていますが

近い未来にはAI登載ロボットが

様々な場面で活躍しているかと思います。


人が人として幸せに暮らして行ける

社会を今から作って行く必要があるのでは

ないでしょうか!?



トンボ

気づけば風俗業界で20年余!

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page